--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 
2006.04.09 *Sun

慟哭

慟哭
貫井 徳郎
4488425011


通勤途中の本屋さんで、「当店3年間文庫売上No.1」の売り文句と、
帯び「書き振りは≪練達≫読み終えてみれば≪仰天≫」に惹かれ
普段はあまり読まないジャンルを手にしてみた。

そもそも「慟哭」とは、
悲しみのために、声をあげて激しく泣くこと

読み始めると、すらすらと物語は進み、
流れるような文章も手伝って、世界には溶け込みやすかった。
ただ途中、主人公の行動(特に金銭面)と、ころころと入れ替わる場面に、
「あれ?」と思ったことが、結末「やっぱり」になってしまったことを思うと、
帯び文句に対して内容は、少々物足りないのは否めない。

ただどんな本でも、読んでみることが大切だと感じさせてくれた。
知らないよりは知ったほうが、きっと世界も広がる。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



最新の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ検索



FC2カウンター



プロフィール

かのえ 

Author:かのえ 
表向きは、オトナ。
裏では、ネオロマとかテニプリ好き。でも自制心不足故に、表に出ることもしばしば。
だったらいっそのこと、かのえのセキララ日記風。

でも最近は、すっかりごはん日記。



りらっくま



こんせんくん。



COOKPAD

クックパッド



Copyright © かのえ印。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ( 素材:ふわふわ。り ) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。